Q&A

【質問】仕事で英語を使うので、ビジネス英語に特化したコースはありますか?

ヒアリングマラソン ビジネス

ヒアリングマラソン・シリーズの受講者の大半はビジネスマンです。

  • 全体の54%が会社員
  • 30代の受講者:20%
  • 40代の受講者:33%
  • 50代の受講者:28%
男性
男性
40代、50代の方も多いんですね~

このような方の中には、仕事で英語に接する機会があり、ビジネス英語に特化したコースを学びたい、という方も少なくないかと思います。

そういう方のために、ヒアリングマラソンでは「ヒアリングマラソン・ビジネス」コースを開講しているんですね!

男性
男性
外国人と英語で会議をすることがあるけど、さっぱりわからないからいつも憂鬱
女性
女性
外国人との交渉でいつも言いたいことが言えなくて悔しい思いをしてるんです

このような、ビジネスマン・ビジネスウーマンのために作られたのが「ヒアリングマラソン・ビジネス」なんです。

>>ヒアリングマラソン・ビジネスの申し込みはこちら
(教材の閲覧と視聴もできます)

ヒアリングマラソン・ビジネスの特徴

ヒアリングマラソンビジネスは、まさにビジネスの現場で英語を必要とするビジネスパーソンの「生の声」から作られた講座。

受講開始レベルはTOEIC500点~

標準学習時間は、1日30分×週4日/3か月

基本的な英語力があって、3か月間1日30分の学習に取り組むことで、ビジネス英語の力を飛躍的に伸ばすことができます。

「クリティカルリスニング」でトレーニング

アルクが長年の経験と専門性によって開発した、英語のインプットとアウトプットを同時に高める新たなリスニング方法「クリティカルリスニング」でビジネス英語の力を伸ばします。

クリティカルリスニングとは、英語特有のリズムロジックに着目し、2つの異なるアプローチで英語リスニング力を高める、画期的なメソッドです。

リズム:音声に着目した「リズムリスニング」

日本語とは異なり、英語が話されるときには、音の強弱や抑揚など、波の形のようなリズムがあります。

このリズムを意識しながら聞くことで、重要な情報が浮かび上がり、大まかな内容をつかむヒントが得られます。

ロジック:文章構成に着目した「ロジックリスニング」

英語特有の文章構成を把握することで「どこで何を聞き取れば良いのか」がわかり、話の展開の予測ができるように。

これにより、ポイントを押さえて聞けるようになり、次の行動につながるリスニング力が身につきます。

このように「クリティカルリスニング」では、1つの英文を「リズムリスニング」と「ロジックリスニング」で聞き取ります。

この「クリティカルリスニング」により、聞き逃せない重要な情報をしっかりキャッチ。

自分が発言する側に立った時にも、要点を踏まえた的確な意見を相手に伝えられるようになります。

瞬時の判断が要求されるビジネスパーソンにとって必要不可欠なスキルを、日々着実に高めていきます。

価格

「ヒアリングマラソン・ビジネス」の気になる価格ですが、32,914円となります。

利用可能なお支払い方法は、以下の通りです。

・クレジットカード(分割払いも可能!
・コンビニ後払い(@払い)
・代金引換

あゆみさん
あゆみさん
クレジットカードで分割払いができるのはうれしいですよね。

>>ヒアリングマラソン・ビジネスの申し込みはこちら
(教材の閲覧と視聴もできます)

ヒアリングマラソン・ビジネスの口コミ・体験談

40代男性
40代男性
教材の中で特に良かったのが、インプットとアウトプットを同時に高めることができる「クリティカルリスニング」です。各ビジネスシーンによく対応した即戦力になる内容であり、実際に外国人と接する時のようにナチュラルスピードなので、緊張感を持ってリアルな勉強ができました。すみずみまでもらさず聞き取り、情報を判断することで、スピーキング力も養成されました。また、英語を聞きながら要点をメモする手法がマスターでき、電話会議後の議事録作成が楽になり、上司からも褒められました。

学習は主に通勤の車の中でCDを聞きながらアウトプットの練習を行いました。また、テキストが非常にコンパクトで電車の中で持ち歩くことができたので、非常に便利でした。ビジネスマンにはうれしいサイズです。

40代会社員
40代会社員
仕事で、客先および製品の購入先が、いずれも海外(英語圏)となり、会議、電話会議、契約交渉などが必要となった。20年前にヒアリングマラソン(完走できなかったが、600時間ほど聞いた)を受講した後、特に勉強していなかったが、ビジネスに役立つようにと受講を決めました。

ビジネスとオフの2つの状況設定がなされていて、興味深く、最後まで飽きずに学習できました。打ち合わせでの会話や、クレームへの対処や、出張の空港でありそうなアナウンスなど、すぐに役立ちそうです。

>>ヒアリングマラソン・ビジネスの申し込みはこちら
(教材の閲覧と視聴もできます)

まとめ

女性
女性
仕事でどうしても英語が必要となり、苦手だったけど何とかしないといけないんです

もともと英語が好きではなかったけど、仕事上の必要性にかられ、仕方なく英語を学習しなければならない方もいると思います。

そのような方も楽しみながら実践的なビジネス英語を学習できるのが、「ヒアリングマラソン・ビジネス」なんですね。

英語ができれば、社内での評価が高まることも間違いなし。

是非、「ヒアリングマラソン・ビジネス」で他の同僚をリードする英語力を身につけましょう!

>>ヒアリングマラソン・ビジネスの申し込みはこちら
(教材の閲覧と視聴もできます)