Uncategorized

【質問】英語のなまりはどのように対処したらよい?

英語を実際に使う機会がある人は特に感じるのですが、

リアルな英語は、TOEICのリスニングで聞くような「きれいな」英語ではない

っていうことなんですよね。

「きれいな」と言うと語弊があるかもしれませんが、日本語だって私たちは常にニュースキャスターや何かのイベントの司会者のように話しているわけではありませんよね。

「国際語」であるからこそさまざまなバリュエーションがある英語

また、私自身も実体験から感じたことですが、アメリカ英語とイギリス英語でも結構違うのに、同僚のシンガポール人やインド人の話す英語はかなりなまりが強いです。

シンガポールでは英語が公用語ですが、シンガポール人の英語はシングリッシュと言われるくらいなまりが強いですね。

私の友人や同僚にもシンガポール人がいますが、最初は中国語を話しているのか英語を話しているのかよくわからないくらい、なまりが強いと感じました。

女性
女性
I work tomorrow la~.

などと中国語の語尾に使われる「ラ」を英語の語尾にも結構つけて話していたり、

男性
男性
Can you do it?
女性
女性
Can!

など、Yes, I can.とかではなく、Canだけで返しているケースも多いです。

インド人の英語もかなり特徴があります。

Where are you going?

ウェラ・アラ・ユー・ゴーイン?

とかRの発音をかなり舌を巻いて発音していたりします。

実際に英語をコミュニケーションの手段として使う場合には、相手がアメリカ人やイギリス人だけどは限りません。

また私の経験ですが、オーストラリアなんかでも、内陸から来た人の英語はほとんどわからなかった経験もあります。

「生の英語」を聞いて鍛えられるヒアリングマラソンではなまりも聞ける

TOEICのための学習ではこういった「なまり」になれるための勉強をすることはできません。

でも、ヒアリングマラソンではそれができるんですね。

ヒアリングマラソンの教材の多くは「生の英語」ですから、中には英語が母国語ではない人のインタビューなどもあったりします。

それらの英語にも耳を慣らしておくことで、幅広いバリュエーションの英語に対応できるようになります。

実際に仕事で英語を使う機会がある人にとってはうれしいですよね。

私たちも、英語のアクセントにそれほど気にする必要もない!

逆に言えば、私たちも英語をアメリカ人やイギリス人が話すように話さなくてもよい、ってことなんですよね。

英語はあくまでもコミュニケーションのツール

一番大事なのは、相手に自分の言いたいことが伝わることです。

もちろん、アクセントが強すぎたり、発音が適当だと、伝わるものも伝わりません。

この点で私が気を付けているのは、

平易な表現ではっきりと発音すること

です。中学生レベルの単語や表現でもよいので、分かりやすい言葉で自信をもってはっきりと発音することが大事です。

せっかくいいことを言っていても、もごもごしていては伝わらずもったいないです。

是非、「平易な表現ではっきりと発音すること」に気を付けて英語での会話を楽しんでください!