Uncategorized

英語学習で一番難しいモチベーションを保つ方法3つ!

英語学習で一番難しいのは、モチベーションを保つことだと思います。

英語のような語学は決して短期間で上達することはありません、どこかの広告のように「ただ聞き流していれば自然にわかるようになる」ようなのでもありません。

一定期間、英語の学習にコミットする必要があるのです。

1000時間ヒアリングマラソンにしても、1年間「1日3時間」ヒアリングに徹することが要求されますからね。

そこで、ここでは、英語学習のモチベーションを維持する方法をご紹介したいと思います。

  1. まずは、目標を決める
  2. 目標を達成するためのミニ目標を立て、具体的なプランを設定する
  3. 時々、英語の映画を見たり、海外旅行をして英語を試してみよう

①まずは、目標を決める

何はともあれ、ゴールがわからなければ、迷走してしまいます。

まずは、ゴールを決めましょう。

一番わかりやすいのは

「TOEIC 800点!」

とか、TOEICで目標を設定することでしょうか。

ヒアリングマラソンはTOEICに特化したプログラムではありませんが、ヒアリングマラソンを始める理由として、

あゆみさん
あゆみさん
留学したい!
男性
男性
海外駐在したい!
女性
女性
出張先や、社内で英語でディスカッションできるようになりたい!

というような方が多いかと思いますので、それを定量化できるTOEICやTOEFLに木法を絞るのが良いと思います。

ただ、ヒアリングマラソンはTOEICで高得点を取るだけの「試験のためのプログラム」ではなく、「ホンモノの英語力」をつけるためのプログラムですので、純粋にTOEICの点数を上げたい、という場合は、TOEIC対策コースの受講も検討してみてください。

②目標を達成するためのミニ目標を立て、具体的なプランを設定する

人によっては、立てた目標を現在の状況が結構離れている方もいるかと思います。

現在、TOEIC400点の人が800点を目指すとなるとそれなりの時間と努力が必要ですからね。

立てた目標によっては、「大目標」を達成するための「ミニ目標」の設定が必要なケースもあると思います。

男性
男性
1年後にTOEIC800点を達成するために、まずは半年で600点まで上げよう

などです。

また、その目標を達成するための具体的なプランを立てる必要もあります。

例えば、

1日3時間の英語学習をするために、

  • 朝と夕方の通勤時に45分ヒアリングマラソンを聞く → 1時間30分
  • 昼休みに30分、ヒアリングマラソンに使う時間を当てよう → 30分
  • 家に帰ってから1時間ヒアリングマラソンの勉強をしよう → 1時間

これで合計3時間になります。

あゆむ先生
あゆむ先生
これならできそうですかね。

また、それぞれの時間にヒアリングマラソンのどの部分を勉強するのかを決めると、より具体的になります。

ここで重要なのは、この1日の目標が達成できなくても気にしないことです。

昼休み時間が取れない場合もあると思います。

夜は、会社の付き合いや友達と会ったりすることもあると思います。

それでもいいのです。

場合によっては、

あゆみさん
あゆみさん
今週はあまりヒアリングマラソンの教材を聞けなかったから、土日にちょっと多めに時間を取って勉強しよう

ってことができればよいですし、

女性
女性
今日は1時間しか聞けなかったけど、明日は頑張ろう!

って思って、挑戦すればそれでよいのです。

なかなかできないからと途中であきらめずに、とにかく継続することが大事なんですね。

③時々、英語の映画を見たり、海外旅行をして英語を試してみよう

ヒアリングマラソンを勉強していると、

男性
男性
本当にこのままでいいのだろうか

とか思うことってあるんですよね。

実際に自分に力がついているのか、はっきり目に見えてわかるものがない時は特にそうです。

実際に、仕事の会議や出張などで、英語を使う機会がある人は成長の度合いを感じることができるかもしれませんが、そういう機会がない場合はどうしたらよいでしょうか。

そういう時は、私だったら

  • 学生さんなら、大学の留学生と交流をもち英語で会話してみる
  • 社会人なら、ちょっと海外旅行をしてみて現地で英語を使ってみる
  • 両方に共通するものとしては、英語で映画を見る(できれば字幕なし)

ということをお勧めいたします。

実際に使ってみると、

あゆみさん
あゆみさん
相手の言っていることが分かった~!

っていう感動や、

女性
女性
う~ん、まだまだ分からないところがある。今度は、もっと話せるようになるよう頑張ろう!

って、モチベーションを高めることができるんですよね。

英語はあくまでもコミュニケーションのツールですから、使ってみてなんぼです。

是非、これらのことを試しながら、英語の勉強を楽しみながら続けていきましょう!