Q&A

【質問】ヒアリングマラソンで挫折しないコツはありますか?

開講35年、楽天の三木谷社長や、ジャーナリストの池上さんも利用していたヒアリングマラソン。

世界で使われている「生な英語」を35年の経験から研究されつくした効果的な学習法でホンモノの英語力を身に着けることができる教材です。

しかし、そんなスゴイ教材であっても通信教育。

しっかりモチベーションを維持していかないと、挫折してしまう可能性があるのも事実。

私自身は大学時代にヒアリングマラソンで1年半勉強して、海外留学、アメリカ大学院卒業、海外就職を勝ち取ることができました。

そんな私の人生を変えるくらいなインパクトがあったヒアリングマラソンの挫折しやすいポイントと、それをどのように乗り越えていけばいいかを解説してみたいと思います。

>>ヒアリングマラソン公式サイトはこちら<<

挫折ポイント①:1日3時間確保するのが難しい

あゆみさん
あゆみさん
どうしても1日3時間、英語を聞く時間を確保するのが難しいです。。。

ヒアリングマラソンで一番大きな問題は1日3時間英語を聞く時間を確保することだと思います。

あゆむ先生
あゆむ先生
私自身も、大学時代、朝晩の通学時間、授業の合間、夜など、何とか時間を作ろうと努力してみましたが、3時間の壁はなかなか厚かったです。

また英語は、よく言われるように、とにかく聞き流せばいつか自然に英語がわかるようになる、というものではありません。

ヒアリングマラソンでは「聞き貯める」という表現を使っていますが、ホンモノの英語力が身につくように、「しっかり意識して聞いて理解する」トレーニングのプログラムが組まれています。

女性
女性
じゃあ、なおさら3時間集中して英語聞く時間を作るのなんて無理!

と思われるかもしれませんが、安心してください。

私は3時間は努力目標でもよいと思っています。

女性
女性
今日は3時間聞こうとしたけど、結果として2時間だった
男性
男性
今日は忙しくて1時間しか聞けなかった

そういう日があってもいいのです。

あゆみさん
あゆみさん
1時間半は集中して英語を聞けたけど、1時間半は流して聞いただけだった

こういうのでも全然良いと思います。

大事なのは、3時間英語を聞こうと努力している、という姿勢です。

また、時には、

あゆみさん
あゆみさん
今日は1時間ヒアリングマラソンを聞いて、2時間は英語で映画を見たよ

そういう日があってもいいと思います。

3時間聞こうと努力する姿勢は持ちつつも、それをプレッシャーと感じないように、楽しんで続けられるようにする工夫をすることが大事だと思います。

挫折ポイント②:レベルが高くてさっぱりわからない

ヒアリングマラソンの教材の多くは「生の英語」です。

インタビューだったり、数人が会話している内容だったりしますが、人によってはスピードが速かったり、英語が母語でない人なんかは結構なまりがある人もいます。

男性
男性
集中して聞いたけど、さっぱりわからなかった

ということもあると思います。

あゆむ先生
あゆむ先生
私も最初はそうでした。

特にヒアリングマラソンを始めてから3か月くらいはわからない部分も結構ありました。

そういう時は、難易度が低いコーナーを集中して学習するようにして、難易度が高いコーナーは大体の理解で聞き流す、という学習法でもよいと思います。

ヒアリングマラソンは、下のように各コーナーに難易度が記載されています。

アルク1000時間ヒアリングマラソン

最初は★1つや2つなど、難易度が低いコーナーを集中して取り組んでみる、というの良いでしょう。

難易度が高いコーナーは、聞き取りのポイントを抑えながら、「なんとなくわかる」くらいな達成度で学習する。

難易度が低いコーナーは、集中して何度も細かいところまで取り組んでみると学習がしやすいのではないかと思います。

個人差はありますが、だいたい3~4か月学習し続けると、徐々に効果が表れてくるケースが多いようです。

最悪、どうしても続けられなくなった場合は中途解約も可能です。
契約期間満了前であれば、以下の計算方法で一部返金もされます。精算金の計算方法は、精算金=残受講料(受講料×契約期間の残期間/契約期間)-法定解約料(残受講料20%相当額)で、期間算定は1ヵ月単位(1ヵ月未満切捨)となります。

ヒアリングマラソンの受講を検討している方

英語の習得には、

一定期間、英語を集中して学習する時間が必要

と言われますが、私自身の経験からも「ヒアリングマラソン」は集中して学習する価値のある教材で、実際にホンモノの英語力が身につく教材です。

あゆむ先生
あゆむ先生
私自身、ヒアリングマラソンで学習したからこそ、大学時代交換留学して、いきなり現地の大学の専門科目の授業を英語で受けることができ、アメリカの大学院まで行き、現在は海外の外資系企業で仕事をしているのです。

ヒアリングマラソンの受講を検討している方、是非今年1年間ヒアリングマラソンで楽しく英語を勉強して、人生を大きく切り開いてみませんか!

>>ヒアリングマラソン公式サイトはこちら<<