Q&A

【質問】ヒアリングマラソンでスピーキング力はつきますか?

ヒアリングマラソン、スピーキング
あゆみさん
あゆみさん
英語を話せるようになりたいけど、リスニング力に力を入れているヒアリングマラソンって効果あるの?

と思っている方は少なくないと思います。

あゆむ先生
あゆむ先生
ズバリお答えしますと、効果あります!

その「効果」、というのは次の二つの点からいえます。

ヒアリングマラソンがスピーキング力向上に役立つ理由
  1. 相手が言っていることがわかることで、英語を話すことに引け目を感じなくなる。
  2. 生の英語を正しいトレーニング方法で繰り返し学ぶことで、表現方法が頭に定着する。

相手が言っていることがわかれば、英語を「話す」ことに引け目を感じなくなる

普段から英語を勉強していても、いざネイティブの人から話しかけられた時に相手の言っていることが理解できないと、

男性
男性
これを言って、もし相手が質問していたことと全然違ってたらいやだな

って遠慮してしまい、おどおどしてしまった経験ありませんか。

あゆむ先生
あゆむ先生
私も何度もありました。

そういう時って、後で、

男性
男性
あ~、あの時こういっとけばよかったんだ~。

ってすごく後悔しちゃうんですよね。

でも、相手が言っていることがわかりさえすれば、あとは返事を英語で考えるだけ。

見当違いな答えをしてしまう、ということありません。

多少、返事をしたときの英語が間違っていたとしても、相手に伝わります。

つまり英語での会話のキャッチボールをすることができるのです。

ですから、英語でのコミュニケーションにとって、リスニング力っていうのは非常に大事なんですね。

「生の英語」を「正しいトレーニング方法」で繰り返し学ぶことで、表現方法が頭に定着する

ヒアリングマラソンでは、作られた英語ではなく、「今、世界で使われているリアルな英語」が教材です。

租の教材をに、35年の経験を踏まえた正しいトレーニング方法でスピーキング力を鍛えるトレーニング方法が紹介されています。

このトレーニングをしっかり取り組むことで、スピーキング力もかなり鍛えることができます。

あゆむ先生
あゆむ先生
私自身も、とにかくスキマ時間を使ってヒアリングマラソンを聞き、トレーニングをしていったことで、半年を過ぎたくらいから、まず相手が何を言っているのかがわかるようになりました。

これって本当に自信につながるんですよね。

そして、ヒアリングマラソンのスピーキング力のトレーニングに取り組んだおかげで、いきなり海外の大学に留学して、現地の授業を英語で受けることができるまでになったんですね。

「スピーキング魂」でスピーキング力をつける

ヒアリングマラソンの教材「マンスリーテキスト」では、「スピーキング魂」というリスニング+スピーキング力の強化に特化したコーナーがあり、スピーキング力をつけるトレーニングができます。

ヒアリングマラソン、スピーキング力

ここではスピーキング力をつけるポイントとして、次の5つのトレーニングで「聞ける英語」と「話せる英語」を同時に訓練します。

  1. リピーティング=音を脳にインプット
  2. リード&ルックアップ=音読して、頭にとどめ、顔を上げて文章を見ないで話すというトレーニング
  3. リプロダクション=英文を見ないで聞き、聞いた音を声に出して話す
  4. オーバーラッピング=音声にピッタリ合わせて英文を音読
  5. シャドーイング=英文を見ないで音声で追いかけるように話す

これらに毎日取り組むのは結構根気が必要です。

でも、これができれば日本にいながらにして、相当なスピーキング力をつけることができます。

以下は、マンスリーテキストから「スピーキング力アップの秘訣」です。

ここまでの「正しいトレーニング法」を提供して、詳しく解説している教材はヒアリングマラソンしかありません。

ヒアリングマラソン スピーキング

>>ヒアリングマラソン公式サイトはこちら<<